花粉症の肌荒れの症状

お肌に潤いを

 

花粉症の肌荒れの症状は、それほど酷いものではありませんが、肌への影響があるのは事実です。多くの人が経験するところです、ほとんどの人が、悪影響があると回答しています。花粉症の肌荒れの症状としてよくあるのが、肌が乾燥するというものです。

 

肌が荒れてヒリヒリすることもよくあります。他では、肌が赤くなって、ハリと弾力がなくなり、肌がくすむ症状もあります。ほうれい線が濃くなったり、目の周りがたるんだり、目尻にシワができたりすることもよくあります。

 

毛穴が増えてシミが濃くなり、化粧ノリが悪くなるのも、花粉症の肌荒れの症状の1つです。花粉症の肌荒れの症状で典型的なのが、花粉症皮膚炎です。

 

顔全体にかゆみが出てきて、顔が腫れたり、肌が乾燥しやすくなります。肌荒れが酷くなるので注意しないといけません。春は気候や温度変化が大きいので乾燥しやすく、紫外線量も増えるので、どうしでも肌のバリア機能が低下しやすくなります。

 

そうした時期と相俟って花粉による被害を受けると、花粉症皮膚炎になりやすいのです。外出時は、マスクで花粉から防御するようにしないといけません。