肌荒れと皮脂の関係

お肌に潤いを

肌荒れと皮脂の関係は、どのようなものかというと、皮脂に含まれる脂肪酸の不足や過剰が肌荒れに直結するということです。皮脂に多く含まれる脂肪酸は、化粧品によく含まれています。これが過剰になったり不足すると肌荒れしやすくなります。

 

ニキビ、乾燥、毛穴の開きなどの肌トラブルに影響するので、化粧品の皮脂の分泌量をしっかり把握して、正しいスキンケアをしないといけません。何も考えずに化粧品を使っていると、油分過多になる恐れがあります。皮脂に含まれる脂肪酸は、オレイン酸、パルミトレイン酸、必須脂肪酸で構成されています。

 

脂肪酸が過剰になったり不足すると、肌のキメがなくなり、毛穴が広がり、乾燥します。肌荒れに直結するので、日々のスキンケアにおいては、脂肪酸が過不足にならないよう配慮する必要があります。

 

中でもオレイン酸は代表的な保湿成分で、脂肪酸の約20%を占めています。乾燥肌の人には少ない成分なので、しっかり補給してやらないといけませんが、油性肌の人には多い傾向にあります。

 

そのため、皮脂が多い人にはおすすめできません。過剰に補給すると、毛穴がつまり、皮脂を促進し、肌に炎症を起こすので注意が必要です。